読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前座、古今亭凡渡

関東平野をふらふらしてます。古いものに憧れたり最新のモノが好きだったり。たまにものを言います。

友人の子どもに遊ばれてまいりました・・・

友人の子どもと遊んでて思いました

昔は赤ちゃんが苦手だったのですが

近親者の子どもとなると、話が変わりますね

10ヶ月の赤ちゃんだったんですが・・・

可愛くてしょうがなかったです・・・

 

かなりの暴君なようでひどい仕打ちを受けました

  • 抱っこしたら眼を触ってこようとする
  • なにかモグモグしてたら口に手を突っ込もうとする
  • 急所を踏んでくる
  • 胸倉をつかんでくる

とまぁ、やりたい放題

どれもデレデレと受け入れてやりました(笑)

 

 

危ない!!

家庭に存在するあらゆる角

つかまり立ちをするようになった彼にはあまりに鋭利

http://hanako.pupu.jp/ychair/img/ws000188.jpg
画像元 - 長方形のダイニングテーブルの角は子供が頭をぶつけて危ない?

 

いくら丸みを帯びたデザインにしても

スック

と突然立ち上がる彼の頭にゴーン!!

 

なんてことがあったら・・・

 

 

模様替えを企画中とのこと

というのも友人の現在の部屋はまさに西洋式

ソファに低めのダイニングテーブルといった具合

 

彼自身も床に座る生活のほうが好きという事で

ソファを撤去、テーブルも足を短く切断(謎のDIY精神)

 

つまりはこんな部屋にしたいらしい

http://kagu-note.com/wp-content/uploads/2014/03/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC7.jpg
画像元 - ローソファーのメリットとデメリットと最適な選び方

 

さらには、そろそろ家を建てる計画をしており

彼のための部屋もどうするか検討中とのこと

 

男の子が家に最も求めるものはなにか伝えました

「プライバシーをあたえてやってくれ」 

鍵をつけろとまでは言わないですけど

 

なぜか僕が下のサイトでちょっと勉強したんですが(笑)

やはり先を見据えればプライベートは大事なようです

hinako-kosodate-s.net

 

父親はわかってるけど母親はわからないらしい

彼の両親どちらとも同級生で友人なのですが

父親はプライバシーについて承知ですが

母親がなかなか理解しきってない模様・・・

 

「リビング階段じゃないと」とか

「2階にはトイレを作らない」とか

 

いやいや、男の子はそうはいかないんだって(笑)

わかってくれないなぁもう(笑)